吉祥寺の文房具雑貨屋36(サブロ)さんが、8周年を迎えました!
8周年を記念して、今年も、はんこを3種類、一緒に作りました。

121207

「〜さんへ」と「〜より」のハンコ。
お手紙やメッセージカードなどで、宛名と差出人の名前を書ける、大変実用的な判子です。
今年も、絵のどこかにこっそり「サブロ」を入れました。
探してみてください。
価格は1点 ¥1,050(税込)。

121208

「領収書在中」のハンコ。
昨年、7周年記念の時につくった「納品書在中」ハンコと「請求書在中」ハンコの、姉妹ハンコです。
使う方は限られているかもしれませんが、「〜在中」シリーズのハンコでちょっとお洒落なもの、類似品はほとんど見たことがないので
隠れ一押しハンコです。私も愛用中。
価格は1点 ¥1,050(税込)。

 

お買い求めは吉祥寺のサブロ、またはサブロのオンラインショップ
もしくは羅久井ハナ1月の個展でも販売予定です。(西荻窪のギャラリー「みずのそら」にて開催、告知近日アップ予定)

 

サブロさん、今年もありがとうございました!


121112

会期:11/12(月)〜11月19日(月)
時間:open: 13:00 close:20:00
会場:白線ギャラリー
アクセス:JR阿佐ヶ谷駅より徒歩5分
MAPはこちら
★羅久井在廊予定★
12日(月)18:30〜
13日(火)18:30〜
14日(木)18:30〜
15日(金)18:30〜

 

ひかり祭り2012にて出展させていただいたインスタレーション、「みんなひとりぼっち」は
廃材の金属を切り出してつくった、のべ1000枚の「ウロコ」と
空き缶を細工した葉っぱ、のべ800本
それから、沢山の木材で作られました。

幅と高さが2m近くある大きな怪物は、目が合うとまるで、何かを語りかけられているよう。
誰にでも心のどこかにある、自分だけが知っている対話、それはいわば
ひとりぼっちの宇宙。
ピエロの筆は、それを、ひとつの形に具現化することに挑戦したのでした。

会期中はピエロの筆メンバーが誰かしら、在廊しております。
たくさんのご来場心よりお待ちしております。

告知Webサイトはコチラ


121101
ビンテージ衣類を資料として、オリジナルアイテムを提案しているファッションブランド“apinini(アピニーニ)”。
パターンおこしからつくられたオリジナル商品は、ディテールにこだわりが詰まっていて
オシャレな1着、一生ものに、と楽しめるファッションをつくり出しています。

 

そんなapininiさんの、先日公開されたばかりの2013年春夏コレクションで
羅久井ハナは「総柄ハワイアンシャツ」の、
テキスタイルデザインをさせていただきました。
121102

イラストには、遊泳する子ども・ハイビスカスと葉っぱ・波と海藻・ハワイ語「ALOHA」と「MAKANI(風)」「Nalu(波)」・ヤシの木 が描かれています。
陸の上なのか、海の中なのか・・・
どちらのようにも見えるイラストです。

 

アロハシャツの着心地は「風を通り抜けるよう」。
イラストにも、そんな爽やかさを込めたいと思ったのと
空を飛んでいるのか海の中を泳いでいるのか、どちらにも見えるように
島の子を入れたいなと思って描きました。

 

カラーはバーガンディー/モスグリーン
形は長袖/半袖/ギャザーのスカート。
サイズはレディース/メンズ、1〜4(詳細はコチラ
肌触りの良いレーヨンのプリント生地で、縫製はMADE IN JAPAN。

 

◆長袖◆

 

121103

 

長袖シャツの袖口の形がこだわりです。

 

121105

 

◆半袖◆

 

121104

 

◆スカート◆

 

121106

レディースはシャツとスカートがアップセットでも楽しめます!

脇にはポケットがあります。

121107

 

◆Others◆

 

ハワイアンシャツの生地を利用した、ブックカバー/シュシュ/ハワイアンバッグも。
2013S/Sコレクション商品の詳細は、apininiさんのWebsiteよりご覧いただけます。
一般先行予約は11/16までとなっています。気になった貴方は画像をクリックしてワープだ!↓

 

121030

商品、ご注文についてのお問い合わせ先はapininiさんまでどうぞ。

apinini(アピニーニ)
Website: http://apinini.net/
MAIL: info@apinini.net (担当:鎌田)
TEL/FAX: 03-6671-7201


121025

2011年8月に、月光荘画材店の年に一度の公募による展覧会「ムーンライト展」にて
判子・版画作品が、月光荘賞をいただきました。
受賞記念として、下記の期間中、銀座にある画材店の入り口の「小画箱」にて、
作品を展示する機会をいただきました。

どこかの誰かさんを想像して、思いつくままに描いた紋章を集めました。
どこか楽しげで、型にとらわれない自由な、紋章。
家柄を示すように掲げる紋章ではなく
こっそりどこかに押したくなるような、プライベートマーク。
もしよければ、こっそりとお気に入りを見つけにきてください。

お店の入り口での展示で、作家の在廊はありませんが
何時でも、ご覧いただけます。お気軽にお立ち寄りください。

日程:2012年11月26日(月)〜12月2日(日)
場所:月光荘画材店
住所:東京都中央区銀座8丁目7-2 永寿ビル1階

MAP:地図

大きな地図で見る

展示場所:画材店入り口の手前にある、小画箱。


120909

音楽と和菓子とクラフトの集まるイベント「wasic」2012開催決定!
今回で、第5回目。詳細が決定しました!場所は・・吉祥寺!
羅久井は出店4回目。はりきっていきます!
ハナメの雑貨、新作持っていきます!

定員あり。予約制となっています!出演ミュージシャンが豪華。ぜひきてください!

日時:2012年11月18日(日)open 18:20 start 19:00 close 22:00
場所:吉祥寺 CAFE ZENON
チケット:予約制 3000円(1和菓子+1drink)
定員:100名
連絡先:asano@wasic.jp

出演者詳細情報はコチラをみてね!


120826

2013年1月に開催予定の、個展の準備のため
現在受け付けている分までで、 しばらく、判子のご注文をおやすみいたします。
個展以降に、受注を再開予定です。

新作にご期待ください!
どうぞよろしくお願いします。


120820

印仏、とは小さな仏様の判子のことで
日本の版画のルーツとも言われる、平安時代ころから広まった、仏教版画。
沢山押すことで徳を積もう、と考えられたり
押したものをお札として守護に用いたりされていました。
庶民の信仰だったこともあってか、仏様の絵が結構ゆるめなのが愛嬌があって
身の程知らずと思いつつも、私なりにも作ってみたいものだと、かねがね思っていた、ミニサイズの仏様。

お守りに押すことは勿論、
出かけた旅先の、はがれかけのポスターにこそっと押すとか
お友達の手帳に、怒ったボス宛の置き手紙にこっそり押すとか、なんだか癖になりそう・・

この度縁あって、ワークショップを開催することになりました。

日にち:2012年9月7日(金)
時間:15時〜20時
場所:東急ハンズ渋谷店 HINT7 (7Aフロア)
参加費:税込1100円(1drink付き)

※参加は随時受け付けておりますが、お席に限りがございます。
ご希望の方は、どうぞご一報くださいね。
※制作時間は1時間ちょっと位です。


120420
image/projected by ホンダアヤ

きょうのお土産店とは…
その日に合わせた、その日しか買えない“作家モノのお土産”を売る架空のお店、
それが「きょうのお土産店」。

イベントに合わせてお土産の内容は変わっていきます。
店主はデザイナーでありイベントやオリジナル雑貨の企画・制作もされている、ホンダアヤさんです。
(店番はアヤさんなのですが、私もどこかでふらふらしていることでしょう)
まだ知り合って間もないのですが、参加させていただけることになりました!ぽんうぇいぽんうぇい!
「きょうのお土産店」今回の出先は、デザインフェスタ@東京ビッグサイトです。
120421

「きょうのお土産店」今回の作家さんは以下の8名です。

  1. zucco.  イラストレーター・小物作家
  2. くにはらゆきこ  ぬいぐるみ作家
  3. 今井杏  イラストレーター
  4. chiro  イラストレーター・小物作家
  5. POMELOZABON  イラストレーター・小物作家
  6. 野田真央  イラストレーター・小物作家
  7. ホンダアヤ  グラフィックデザイナー
  8. 羅久井ハナ  判子作家・イラストレーター

デザインフェスタvol.35  開催概要
内容 : オリジナル作品展示・販売・パフォーマンス等
会期 : 2012年5月12日(土)・13日(日)
開催時間 : Open11:00 – Close19:00
会場 : 東京ビッグサイト西ホール全館
出展ブース : 3,000ブース(予定)
出展者数 : 10,000名(予定)
*「きょうのお土産店」掲載ページはコチラ

きょうのお土産店のブースNo.は
120422
*1階です。
たくさんのご来場、お待ちしております。


120418

主催:朗文堂 アダナ・プレス倶楽部
会期:2012年5月3日[木・祝]〜5月6日[日]  10:00―17:00(最終日は15:00まで)
会場:日展会館 2F イベントスペース
住所:東京都台東区上野桜木2―4―1  
アクセス:JR山手線上野駅から徒歩20分/JR鴬谷駅から徒歩15分

《五月の連休は活版三昧ザンマイ》をスローガンとして開催された《活版凸凹フェスタ》は、2008年に始まって以来GWの恒例イベントに。
活版印刷やその周辺の、味のある沢山の素材・作品、活字の面白さに触れられる、世にも希少なイベントです。
昨2011年は東日本大震災のために、残念ながら中止でしたが、今年は満を持して再開。
羅久井ハナは2010年に初参加以来、二度目の出展です。
物販用/展示用ともに、新作を持って行けるように、ひーこら言っています。
作家、法人、企業が、上野に大集合。活版好き・紙好き・版好きには大変お得です。

▼▲出展作家▼▲

青葉 瀧/アダナ・プレス倶楽部(大石 薫)/アダナ・プレス倶楽部新潟支部(山下良子、山崎洋介)/アダナランド(Hedgehog Press, Alan Brignull)/飯田めぐみ/122press/凹凸舎(大沼ショージ)/海岸印刷/真田幸文堂(真田幸治)/Tokyo Pear (スミス恵梨子)/つる9テン(つるぎ堂+九ポ堂+knoten)/Bird Design Letterpress/八朔ゴムはん(片岡知子)/はな工房(田中智子)/ヒロイヨミ社/史緒(fumiwo)/文香(栃木香織)/botaniko press(宗則和子)/まさなりみゆき/山猫や(木月禎子)/羅久井ハナ/riviera press(浅井陽子)/Ladybird Press(杉戸 岳)/龍骨堂/Lingua Florens(桐島カヲル)

▼▲学校法人▼▲

女子美術大学短期大学部 造形学科デザインコース/ 筑波技術大学総合デザイン学科(豊崎美帆、劉賢国)/ 常葉学園大学 造形学部 ビジュアルデザインコース(代表:杉田達哉)/ 日本大学藝術学部 美術学科/ 武蔵野美術大学 基礎デザイン学科

▼▲出展企業・団体▼▲

アワガミファクトリー(with 亀井純子、木村雅彦+春田ゆかり、玉井玉文堂、成田長男、横島大地)/ 江戸堀印刷所/活版工房(弘陽、中村活字、東條メリー)/株式会社エスアールジー/佐々木活字店/真映社/タイポグラフィ学会/通称 活版印刷屋 大伸/築地活字/日星鋳字行+台湾活版印刷文化保存協会/フジグラフィックス版画工房

▼▲協力▼▲

アイコー印刷/伊藤伸一/株式会社廣田鉄工所/株式会社理想社/欣喜堂(今田欣一)/研究社印刷株式会社/河野三男/高内 一(岩田母型製造所関連)/富沢みどり(江川活版製造所関連)/長瀬欄罫製作所/平野正一(東京築地活版製造所関連)/本木昌造顕彰会/Manoa Press (from Hawaii)/松尾篤史/渡辺 優


120415

企画・制作:「ピエロの筆」

告知ページ:コチラ

日時:4月28日(土)
《昼の部》open 13:00 start 13:30 close 15:30  ※「やりすぎピクニック」本編
《夜の部》start 18:00 close 20:00  ※アフターパーティー

完全にやりすぎた「あるモノ」、絶賛制作中。当日は、それで思いっきり皆さんと遊びたいと思っています。
どなたもご参加いただけます。「あるモノ」の正体は、当日までのお楽しみです。
(やりすぎてしまったため、「やりすぎピクニック」は昼の部のみのお披露目です)
秘密の準備やランチの準備のため、参加希望の方はコチラのフォームから申し込みをよろしくでやんす!


1 / 212

Archives

© Rakui Hana 2014